« 倒産してました (゚◇゚)~ | トップページ | カケイボの実力 »

ワクワク老後の作り方?

周りの大先輩たち(70代や80代)の老いの生きざまを拝見してると

つくづく

つくづく

つくづく

老いを生きるのって、むずかしいshock

人生には、いくつものステージがあります。

私なりに考えてみると、

① 養育期  小学校まで   

② 成長期  30歳くらいまで

③ 家庭形成期  家庭を持ち、子供が独立するまで

そして、その次に来るステージ、今までは、ひとくくりに「老後」だったのは

今ほど、長生きじゃなかったから・・・

これからは

④ 人生の収穫期 50代から70代

⑤ 老年期

って、考えてみると、いろんな解決策が見えてくる気がします。

老年期を幸せに自分らしく生きるために、④は、とても重要。

自分と社会と家族のために、懸命に生きた時代を終えて、果実を収穫する時期

そして、次の老年期の準備をする時期。

老年期 に必要なものは?

これを考えると、④にすべきことが見えてくるんじゃないかな。

「お金」 ・・・ これはシビアに考えないといけないけど

もうひとつ、大切な

「人」 ・・・ 人に囲まれているおばあちゃんになりたいもんね~

「人」と言っても、

年と共に、人の手を借りる度合いが大きくなるのはしかたないことだけど、

人に助けてもらうだけでなく

どんな小さなことでもいいから、最後まで、人の役にたてる関係かな。

人生の収穫期 に何をするか? (私の場合)

「やりたいことをやる」

やり残した宿題をやる収穫期。

あきらめていたこと、温めていたプラン、誰にも気兼ねなくやってみよう♪

たとえば、わたしの場合

ファイナンシャルプランナー業は始めたばかりで、実収穫は、まだ先ですが、

今までの人生を生かす道を歩き始めたという意味で

人生の収穫期かも!

老年期への準備をする

「お金」 

お金の相談に乗ってるくらいだから、計画的に進めてます。

私が作った老後のモデルプラン

みんなにも使えるかなと、いろいろと練っているところです。

そして、もう1つの

「人」

実験中です。

血縁(家族や親せき)

地縁(地域の人付き合い)

とは、別の

いくつもの、できたり、くっついたり、大きくなったり、

必要なくなったら消えたり、またできたり

とても柔軟で、でも、人を求め続ける限りなくならない

つながり みたいなもの

たとえば

私は、家庭人だけど、家族以上に、本音で話せる仲間を持っていて

その仲間をきっかけに、新しいつながりができて

大切な 人の輪がいくつもできていくような感じ。

そして

5回、美味しいものを食べに行くのなら

1回くらい、誰かにおごってあげる

5万円、貯蓄ができるなら

5000円くらい、寄付をしてみる

人のために使ったお金は、長い旅の末に

いつか戻ってきて、助けてくれるんじゃないかな?

そうそう

日本昔話の「かさこ地蔵」みたいにね。

投資というと、

自己投資お金への投資の2種類あると言われるけど

第3の投資があるんじゃないかな

「他者への投資」

老年期 に向けて

背負ってるものをどんどん捨てて軽くなって

天国に行くときは、

お金や物はからっぽでも

たくさんの人に見送られて、さよならを言うのが

私の夢です。

|

« 倒産してました (゚◇゚)~ | トップページ | カケイボの実力 »

FP」カテゴリの記事

未来への翼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68222/46445868

この記事へのトラックバック一覧です: ワクワク老後の作り方?:

« 倒産してました (゚◇゚)~ | トップページ | カケイボの実力 »