« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

二重課税は違法 最高裁判決で確定

画期的な判決が出ました。

死亡した時に支払われる生命保険金は、

一括3000万円!!という一時払いmoneybag以外に、

毎月15万円ね!!という分割して受取る年金払いmoneybagmoneybagmoneybagがあります。

この年金払いの保険金について

今までは、相続のときに、相続税が課税されて、

その後、年金受け取りが始まってから、毎年、所得税が課税されていました。

これが、相続税と所得税との二重課税でないかと、ずっと争ってきたわけですが、

(なんと、40年間もの間)

今日、最高裁で、国側の敗訴が決定したのです。

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100707k0000m020097000c.html

所得税の過払いについては、5年遡及して還付されるので、

国税庁としては、大変なことです。

また、生命保険各社も、対象となる顧客の洗い出しが大変そうです。

数年前の保険不払いの膨大な作業がやっと終わったのに、

またか・・と、大騒ぎになってることでしょうね。

私たち、生命保険を扱うものとしては、

死亡保険を受取るときに、一時払いか、年金払いか、

お客さんが悩まずにすむので、よかったなあと思っています。

グレーだった部分が、はっきりしましたねーhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »