« 2010年7月 | トップページ | 2011年3月 »

また、日経記事にやられた!(苦笑)

土曜日の日経夕刊。

1_4

ほとんどの方には、どうってことないタイトルですが、

個人向け保険を販売してる私達には、大事件でしたbomb

でした」と過去形なのは、正確ではない記事だったからです。

目に飛び込んできて、ショックを受けたのは、左側の横文字

「住生・あいおい、来月販売休止」

それに関連する記事は、

「あいおい生命保険も10月から一部の終身保険の販売を休止」

あいおい生命の終身保険は、販売開始から大人気の商品で、

どう考えても、お客様に有利にできているので、私もずいぶん販売しました。

one 一生涯の保障

two 保険料の払込期間中は解約しても元本割れするが、払込完了後に解約すると、元本以上にお金が戻ってくる

three 予定利率は最低保証があり、市場金利が上がれば連動して利率も上がる

という、生命保険というより、保障つきの貯蓄みたいな商品です。

でも、生命保険が資金を主に運用する日本国債の利回りが低下して1%を割ってきたので、逆ザヤになってキツイだろうなと感じていたので、

販売停止は、財務維持のために、仕方ないよな~sweat02

財務悪化を想定して、早めに手を売ったのは、健全な会社ということか・・・

と、ナットクでした。

さらに、記事の最後には、

「銀行の生保販売は、今では終身保険が主流になっている。

これも販売にブレーキがかかれば、生保や銀行などにとって痛手。」

と、業界の将来まで予想しているオマケつき。

ところが!!!

休み明けの月曜日に、さっそく問い合わせしてみたら、

真っ赤な!!とまでは言わないけれど、事実はずいぶん違っていました。

×「あいおい生命保険も10月から一部の終身保険の販売を休止」

「あいおい生命保険も10月から終身保険の一部の設計を休止」

終身保険の販売休止はありませんでしたpunch

休止したのは、「払込期間が10年のもの」だけでした。

(住友生命保険は、銀行で販売している終身保険を販売休止するようですが・・・)

この商品は払込期間を短くすると、払込完了後に解約金がどんどん増えるので

払込期間が短いほど、将来の受取額が増えます。

その最低期間が10年。

それがなくなっただけup

あいおい生命からも、ちゃ~んと8月にお知らせがきていた内容です。

日経記事で、一番早く情報を得ることがよくありますが

業界にいると、それが必ずしも根拠のある正しい記事ではないなと感じます。

2008年の世界金融危機時のAIG記事にも、ずいぶん振り回されました(笑)down

しかし。。。。

実際に、国債利回りが低下してきてるのは事実です。

もう長いこと、ゼロ近く金利が続いているんですもの。

怖いことに、私達の年金の運用先は、70%近くが日本国債なんだよね。

実は、こっちの将来の方が心配なFPNaoでしたshock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2ヶ月ぶりの・・・

2ヶ月ぶりのブログ更新です。

家族に次々と問題が起きて、自分のことどころじゃなくなっていました。

この、自分の時間が奪われる感じ。

過去にもあったようなdowndown



あっ!!

20年前。。。

義父が認知症

父が脳梗塞で1ヶ月意識不明

末っ子が産まれたばかり

出の悪いおっぱいで、なんとか命をつないでいた末っ子

こんな状況で、突然おっぱいが止まった!

ミルクは頑として飲まずに日に日に痩せていく息子。

一日一日が必死でした。

でも、20年前は気丈な義母・母が踏ん張っていた。



今度は、私がその役目をおおせつかったわけで・・・

定期的に、誰かに献身的に尽くさなきゃいけない時期が私には来るみたいsad



救急隊員からの電話で始まった母との100日戦争

次々と母を襲う病気(それも難病ばかり)の最後にみつかったガン。

そして、さしも気丈な母も心が壊れてしまい、

老人うつから、パニック症状に。

どす黒い雲が母を覆っているような毎日。

子供になってしまった母に24時間拘束されていると、

充電するひまのない心のエネルギーの目盛が急激にゼロになる。

落ちていく母にひきずりこまれていきそうな恐怖。




その時、初めて

一人で背負い込まないで、助けてくれる人や制度を頼ろうと思った。

いつか、FPとして必要になるだろうと貯めてきた介護や老後の情報が

単なる知識から生き物になって、私をすくいあげてくれたようです。



それから、辛いときに、避難して羽を休める場所=人のありがたさも身に沁みた。

立ち上がる元気もないとき、誰かの肩を借りてもいいんだと思った。



重なるときは重なるとは、誰もが言うから正しいのかも。

同じ時期に、義母が転んで骨折。

子供に大きな問題が起きて(これが実は一番ショック)

そして、長患いの叔母の容態が急変して、昨日、お葬式。

他にも、いろいろ・・・




人生にはバイオリズムがあるようですね。

つまり、山と谷

でも、私は谷である陰も、極に来ると反転すると信じている。

(相場と同じだしぃhappy02


全てが悲観的に見えるとき、

それまでの私に足りなかった何かが見えるはず!

そのメッセージをつかんで浮上したら、落ちる前と違う所に立てるはず。

と、心から思っていますrock



そういえば、去年立てた私の目標。

まだ会ったこともない誰かを助けることも大切だけど

自分の周りの人から、私にできることで手助けしたい。

周りの人の笑顔を守れたら、自分の仕事をしよう。

そう思って、ひとつずつ始めています。



なんか、えらそうだけど

この歳になって、そんな気持ちになった。

「先ずは隗より始めよ」??? ちょっと違うか(笑)



15年前、母・嫁・娘・妻だけの人生で終わるのが悲しくて

わがままなくらい、奪われた自分の時間を取り戻してきた振り子が

ゆっくりと戻るのを感じる。



人生っておもしろいshine

人生って楽しいshine

次の10年、私は何になっているんだろう。



FPと関係ない個人的な長文、読んでくださってありがとう。

読んでくださったあなたの人生にも楽しいことが待っていますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2011年3月 »