« 2011年4月 | トップページ | 2011年8月 »

3年に一度は想定外の事が!?

かなりの人が投資に踏み出せないのは

損をするからです

損をするくらいなら、何もしない方がマシというわけですね^_^;



行動経済学を作り上げたノーベル賞受賞者ダニエル・カーネマンによると

人の脳は得したことよりも損したことを2倍以上大きく感じるそうです。


自分が損をした経験

プラス

誰かが損をした情報

イコール

投資は人生を狂わす恐ろしいギャンブル

という図式ができあがります。





さて、

では、この「損をした経験と情報」の元になるできごとはどんなこと?


記憶に新しい 「東日本大震災」 「リーマン・ショック」は

ほとんどの人が体験していますね。

それぞれ、自然災害と金融危機の違いがありますが

経済や投資における影響という意味で同じです。



「東日本大震災」は、1000年に一度と言われています。

「リーマン・ショック」は、100年に一度と言われています。


歴史上稀な不幸なできごとが立て続けに起こっているような気がしますが・・・

想定外のできごとなので仕方のないこと と誰もが思います。

( 自然災害では東日本大震災は未曾有の災害ですが、ここではあくまでも経済的な意味です。しつこくてすみません)




しかし

年号をさかのぼってみると


2001年 東日本大震災

2008年 リーマン・ショック

2006年 ライブドア・ショック

      ついでに言えば、2005年には耐震偽装問題も起きています。

2001年 同時多発テロ

1998年 山一證券破たん

1995年 阪神大震災

1991年 バブル崩壊


3年に1回は、経済や投資環境をゆるがすような大事件が起きています。



リーマンショックでは、アメリカの世界最大の保険会社AIGが20分の1になり

その後、日本のJALが上場廃止になり、

また、今回の震災では、東電の株が急落して、10分の1になりました。

そのいずれも、誰もが知っている優良銘柄で資産株として保有していたのです。



これらの誰もがニュースで耳にする大損失の話。

それが、こんなにひんぱんに起これば、

投資なんて、怖くて怖くて、とてもじゃないけどチャレンジしようとは思わないですよね。



けれど、

世界中で、そして日本で

長く投資をしている人たちにとって、これらはすべて想定内のことです。

そして、プロの投資家は徹底したリスク管理をします。

3年に一度起きることですから、

これからだって、3年に一度は起きるかもしれないのです。



投資は選択ではなく、誰もが取り組まないといけないことだと私は思っています。

大切なお金を増やすためだけでなく、守るためにも。

そして、投資を続けていくためには

3年に一度の大事件を、起こるべきことと認識することが大切だと

改めて思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経マーケット記事の90%は日経電子版でしか見れない

日経電子版セミナーなるものに(JINのさきさん風)当選したので行ってきました。

全員当選かと思ったら、応募した友人5名中2名落選だったようです。

1時間半のセミナー。

受講者は9割男性、しかも、あきらかにシニア層。

「スマートフォン持っている方!!」に、はりきって手を挙げたら

ちらほら・・・しかいない。

セミナーの目的は、日経電子版を使って、資産運用に役立てよう!だし

個人金融資産の6割を保有している65歳以上の方が集まるよね、やっぱし。

しか~し

かなり面白いよ、電子版。

今日の話が本当なら、

パソコンや携帯を日常的に使っている若い人たちに使えるツールだよ。

まずは私が使いこなして、FP相談のお客さんに使い方を教えてあげようっと。


で、タイトルですが

日本経済新聞 朝刊と夕刊を合わせて、約300本の記事

電子版は500本の記事

特に、マーケット・マネー関連の記事が豊富ですね。

紙面では載せ切れない金融情報のボリュームはかなりありそう。

電子版ならではのメリットもいろいろ。

たとえば

キーワード登録して、興味のある記事を自動収集したり、

記事を保存して、分類・整理 (これで、新聞記事の切り抜きしなくてよくなる~)

投資関係のツールもいろいろあるし。


電子版の利用方法について

セミナーが終わってから、根掘り葉掘り30分ほど聞いてきました。

実は、我が家は朝刊・夕刊の両方をとっているので

夕刊をやめて、電子版を取ろうと思ったのですが、

「その必要はないですよ」

「??? なんで?」

「だって、料金は一緒ですよ」

日経新聞は、朝刊・夕刊の2回配達する地域と、一日1回だけ配達する地域に分かれていて

料金が決まっているのです。

私は、愛知県なので、自動的に夕刊も配達される。(知らなかった・・・)

朝刊・夕刊 4,383円 + 電子版 1,000円 = 5,383円

電子版だけだと 4,000円なので、3,000円お得ですよ~というわけ。

電子版なので、もらったIDで何人も閲覧できるの?

他県で下宿している息子が、電子版を読めないかな?

「大丈夫です!ご家族みなさんで使ってください」

1つのIDを家族で共有するのは想定内のことらしいです。

ただ、同時に接続できるのは3人くらいまでらしい。

はっきり言わなかったけど、つながりにくくなるみたい。

そして、iPhoneとiPadは、それぞれ同時にはログインできない。

つまり、iPhoneとiPhoneを同時にはログインできないようです。

iPadでは、Flashを使っている日経画面は表示できないって聞いたけど・・・

「今、一生懸命、開発中です。」

日経だから、米国のAppleより、国産メーカーを重視してるかと思った・・・

「とんでもない! もうすぐですから。iPad対応するのは」

さっそく、電子版を申し込もうっと。

1,000円以上の価値があるかな~

電子版申込特典のお土産ももらったし♪

Denshiba

マスコットは、でんしばちゃん 

( 「でんしばん」から来てるらしい。ぷぷぷっ・・でも可愛い)

明日から上映の「もしドラ」の映画鑑賞券2枚もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年8月 »