生命保険会社 合併と社名変更のお知らせ

生命保険会社

再編

合併

譲渡

今年、一気に変わります。

まず、譲渡・・・

club 「アリコジャパン」 ⇒ 「メットライフアリコ」

 親会社が、AIGからメットライフ(1868年設立、米国最大生命保険会社)に変更。

 2011年4月1日より、「メットライフアリコ」に社名変更。

 メットライフのキャラクター「スヌーピー」がカワイイlovely

 現在の契約には影響ありません。 

 また、販売商品に変更はありません。


譲渡して、合併・・・

spade 「AIGエジソン生命」+「AIGスター生命」+「ジブラルタ生命」 

   ⇒ 「ジブラルタ生命」

 AIGから、プルデンシャル・ファイナンシャル(1875年設立、世界最大級の米国金融サービス)へ、エジソン生命とスター生命の株式譲渡。

 2012年1月~3月をめどに、3社合併し、ジブラルタ生命とする。

 現在の契約には影響ありません。

 販売商品は、どうなるのか未定です。

 3社とも外貨建ての保険が売れ筋ですが、微妙に違いがあって面白いのに・・・


合併・・・

heart 「ひまわり生命」+「日本興亜生命」 ⇒ 「NKSJひまわり生命」

 損害保険会社の「損保ジャパン」と「日本興亜損保」が、経営統合したことにより、傘下の生命保険会社も合併。

 2011年10月合併。

 現在の契約には影響ありません。

 販売商品は、「ひまわり生命」の商品を存続させる。

 「日本興亜生命」の商品は廃止。


diamond 「三井住友きらめき生命」+「あいおい生命」 

    ⇒ 「三井住友海上あいおい生命」

 長っっっ Σ( ̄ロ ̄lll)

 こちらも、損害保険会社の「三井住友海上」と「あいおい損保」と「ニッセイ同和損保」が経営統合したことにより、傘下の生命保険会社も合併。

 2011年10月合併。

 現在の契約には影響ありません。

 販売商品は、「きらめき生命」の商品を存続させる。

 「あいおい生命」の商品は廃止。

 

 「あいおい生命」の終身保険は、とても気に入っていたのに、なくなっちゃうのはcrying

 社名が「三井住友海上あいおい生命」なのに、旧「きらめき生命」の商品!? 

  なんか変な感じ。まちがえちゃいそうです。

ふぅ~~sweat01

合併する会社の社員さんたち。

これから大変そうですねsweat01sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保険会社の対応 最新

 「被災者契約照会制度」(仮称)創設 保険証券紛失でも確認可能

生命保険協会、18日発表

家屋の損壊が激しく、保険証券を紛失したケースが多くあると予想されます。

また、両親を亡くした子供もいると考えられ、各社が共通で契約内容を確認する仕組みを作るそうです。

被災者が生命保険に加入していた可能性がある場合、

どこかの保険会社に聞けば、他の保険会社に問い合わせて調べてくれるそうです。



■災害保険金、災害入院給付金の全額支払い

前回の記事では、一部の保険会社が未発表でしたが、

正式に、すべての保険会社で全額支払いを表明しました。

問い合わせ先一覧表が出ましたので、貼り付けておきます。

「contact-list.pdf」をダウンロード

各社、すばやく専用相談窓口を設けていますが、

受付時間は日中のみ、日祝休みだったりするのが、ちょっとねぇ~



■損害保険会社、手続き・保険料払込猶予期間延長

前回の記事で、各社2ヶ月間の猶予期間を発表していましたが

SBI損保、損保ジャパンが6ヶ月に延長を決めたようです。他者も追随すると思われます。



■損害保険 地震保険の事故受付や問い合わせ

地震保険の事故受付(支払の申込)は、

東京海上日動火災保険会社で、すでに2万件を超え、阪神大震災の最終1万6千件を超えたそうです。

支払総額も阪神大震災の783億円を上回り、数千億円になるとの見通しも出ています。

地震保険の支払は1150億円までは保険会社が支払い、それを超えた部分は国と民間の折半になるため、国の負担も避けられそうにないです。

ただ、国と民間には合計2兆2919億円(2009年)の積立金があり、保険会社は、この積立金の範囲でまかなうことができるということです。



また、地震保険への加入問い合わせが殺到してるそうです。

私の代理店にも、損害保険各社から、地震保険引受の注意事項が来ています。

地震被害にあった後から加入するケースを防ぐために、家屋の写真添付を義務付けてくださいとのこと。損害保険会社はてんてこまいです。



損害保険事務の大量募集が新聞に載っていましたねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震被害者への保険会社の対応についてまとめました

東北地方太平洋沖地震および長野県北部を震源とする地震におきまして、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。

被災地におかれましては、一日も早く普段の生活に戻れますよう、皆様のご無事を心よりお祈り申し上げます。

保険会社から、今回の地震被害に関してのお知らせが出ていますので、まとめたものをお知らせしたいと思います。

情報元は、HPや新聞広告、代理店への通達などです。

FPNAOの感想としては、ずいぶん早い時点でのお知らせだったなと驚いています。被災者の方の支援をいち早く伝えることで不安を少しでも軽減してほしいということでしょうか?



■生命保険会社■

「災害救助法適用による特別措置」というものが基準になっているようですね。

お知らせからわかる「特別措置」は4点です。


社団法人「生命保険協会」で、実施を表明している特別措置は次の2点です。

(1) 保険料払込猶予期間 最長6ヶ月延長
(2) 保険金・給付金、契約者貸付金等、必要書類一部省略により、簡易迅速なお支払い

生命保険協会に加盟している保険会社は、この2点は足並みを揃えています。

(1)の払込猶予は、通常は1ヶ月のみで、2ヶ月支払がないと保険が失効(いったん停止する)しますが、この期間を最長で6ヶ月まで延長するということです。


協会で表明していない次の点は、各社、バラつきがあるようです。

(3)  災害死亡保険金、災害入院給付金の支払について

約款(保険の契約書)には、死亡保険金については自然災害でも支払うと書かれていますが、

災害死亡保険金、災害入院給付金については、

地震・噴火または津波により、給付金の支払事由に該当した被保険者の数の増加がこの保険の計算の基礎に影響を及ぼすと会社が認めたときは給付金を削減して支払うか、または支払わないことがあります。

とあります。

今回の地震・津波被害者については、全額支払。と表明している会社がほとんどです。

その理由について、損保ジャパンひまわり生命が、「対象となる被保険者数が保険計算の基礎に影響を及ぼす規模ではないため、全額支払いを決定しました。」と明確に述べています。

逆に、全額支払を表明していない会社は、まだ影響を計算できてないということです。

これは、今回の被災地域における契約件数が、保険会社により異なるためと思われます。

アリコジャパンなど、全額支払を表明していない会社もありますが、まだ日も浅いため、今後、お知らせが追加されることと思います。


次に、一部会社のみが表明しているのが、

(4) 保険料の払込免除を適用する

死亡や病気などで保険料の払い込みが困難になった場合、払い込みを免除する特約がありますが、

これも、(3)同様、約款には、地震・噴火または津波では、払込免除は適用されない。とあります。

現在、特別措置で払込免除を適用することを表明しているのは、

東京海上日動あんしん生命、三井住友きらめき生命、の2社でした。

この点についても、今後、他社もお知らせを追加する可能性があるため、注視していたいと思います。

以上は、かんぽ生命も含む生命保険会社からのお知らせです。


全労済、JA共済など、共済は、まだ明確なお知らせは出ていないようです。

JA共済は、災害対策本部を設置したとの案内が出ていました。

農業・漁業従事者が多い地域なので、JA共済の契約数が多いと思われます。JA共済は特に自然災害への保障が厚いため、支払額が多大になると思われます。

今後の対応が気になるところです。



■損害保険会社■

損害保険で支払の対象になる保険種類は

「地震保険」 地震・津波・噴火による火災、損壊、埋没、流失

通常の火災保険ですと、地震による火災は支払の対象にはなりません。 ただし、「地震火災費用保険金」が支払われます。

「自動車保険」は、地震・津波・噴火による損傷や水没は支払の対象になりません。

ただし、「地震・噴火・津波車両損害特約」がセットされている場合は、支払の対象になります。

ほとんどの方は、この特約をセットしていないですね。

FPNAOもつけていません(u_u。) 一度、試算してみようと思っています。

さて、損害保険会社の特別措置ですが、細かいものを入れるといろいろあるのですが、

主に次の3点です。

(1) 保険の更新手続きを最長2ヶ月延長

(2) 保険料の払込を最長2ヶ月延長

(3) 使用不能になった自動車の自賠責保険の解約と払い済み保険料の払い戻

生命保険会社の6ヶ月に比べると短い気がしますが、そこは、保険の性格の違いでしょうね。

以上、現在わかっている情報について、まとめてお知らせしました。

新しい情報があれば、またアップしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また、日経記事にやられた!(苦笑)

土曜日の日経夕刊。

1_4

ほとんどの方には、どうってことないタイトルですが、

個人向け保険を販売してる私達には、大事件でしたbomb

でした」と過去形なのは、正確ではない記事だったからです。

目に飛び込んできて、ショックを受けたのは、左側の横文字

「住生・あいおい、来月販売休止」

それに関連する記事は、

「あいおい生命保険も10月から一部の終身保険の販売を休止」

あいおい生命の終身保険は、販売開始から大人気の商品で、

どう考えても、お客様に有利にできているので、私もずいぶん販売しました。

one 一生涯の保障

two 保険料の払込期間中は解約しても元本割れするが、払込完了後に解約すると、元本以上にお金が戻ってくる

three 予定利率は最低保証があり、市場金利が上がれば連動して利率も上がる

という、生命保険というより、保障つきの貯蓄みたいな商品です。

でも、生命保険が資金を主に運用する日本国債の利回りが低下して1%を割ってきたので、逆ザヤになってキツイだろうなと感じていたので、

販売停止は、財務維持のために、仕方ないよな~sweat02

財務悪化を想定して、早めに手を売ったのは、健全な会社ということか・・・

と、ナットクでした。

さらに、記事の最後には、

「銀行の生保販売は、今では終身保険が主流になっている。

これも販売にブレーキがかかれば、生保や銀行などにとって痛手。」

と、業界の将来まで予想しているオマケつき。

ところが!!!

休み明けの月曜日に、さっそく問い合わせしてみたら、

真っ赤な!!とまでは言わないけれど、事実はずいぶん違っていました。

×「あいおい生命保険も10月から一部の終身保険の販売を休止」

「あいおい生命保険も10月から終身保険の一部の設計を休止」

終身保険の販売休止はありませんでしたpunch

休止したのは、「払込期間が10年のもの」だけでした。

(住友生命保険は、銀行で販売している終身保険を販売休止するようですが・・・)

この商品は払込期間を短くすると、払込完了後に解約金がどんどん増えるので

払込期間が短いほど、将来の受取額が増えます。

その最低期間が10年。

それがなくなっただけup

あいおい生命からも、ちゃ~んと8月にお知らせがきていた内容です。

日経記事で、一番早く情報を得ることがよくありますが

業界にいると、それが必ずしも根拠のある正しい記事ではないなと感じます。

2008年の世界金融危機時のAIG記事にも、ずいぶん振り回されました(笑)down

しかし。。。。

実際に、国債利回りが低下してきてるのは事実です。

もう長いこと、ゼロ近く金利が続いているんですもの。

怖いことに、私達の年金の運用先は、70%近くが日本国債なんだよね。

実は、こっちの将来の方が心配なFPNaoでしたshock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二重課税は違法 最高裁判決で確定

画期的な判決が出ました。

死亡した時に支払われる生命保険金は、

一括3000万円!!という一時払いmoneybag以外に、

毎月15万円ね!!という分割して受取る年金払いmoneybagmoneybagmoneybagがあります。

この年金払いの保険金について

今までは、相続のときに、相続税が課税されて、

その後、年金受け取りが始まってから、毎年、所得税が課税されていました。

これが、相続税と所得税との二重課税でないかと、ずっと争ってきたわけですが、

(なんと、40年間もの間)

今日、最高裁で、国側の敗訴が決定したのです。

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100707k0000m020097000c.html

所得税の過払いについては、5年遡及して還付されるので、

国税庁としては、大変なことです。

また、生命保険各社も、対象となる顧客の洗い出しが大変そうです。

数年前の保険不払いの膨大な作業がやっと終わったのに、

またか・・と、大騒ぎになってることでしょうね。

私たち、生命保険を扱うものとしては、

死亡保険を受取るときに、一時払いか、年金払いか、

お客さんが悩まずにすむので、よかったなあと思っています。

グレーだった部分が、はっきりしましたねーhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まねきねこダック 大ブレイク??

アフラックの「まねきねこダックの歌」着うたダウンロード 

9日間で15万ダウンロード!で、ランキング1位だそうです。


日本女性のご多分にもれず、私もかわいいキャラクターは大好き♪

仕事柄(笑) アフラックのダックは、せっせと集めていますが・・・

「まねきねこダック」は、アフラックの意気込みを感じました w( ̄o ̄)w  



アフラックは、ほ~んとに、キャラクターを使ったイメージ戦略がうまいよね


CMで、気をひく (宮崎あおい+こども+動物のトリプル効果)



思わず口ずさむ曲 (8歳の男の子と40歳の女性のユニット、また子供を使う!)



そして、キャラクター戦略

これが、かわいいもの好きWeb世代を取り込んでる。


まねきねこダック神社 「まねきねこダックの替え歌を作って贈ろう」

http://www.manekinekoduck.jp/index.html


そこから、ブログ

ほんとに、まねきねこダックキャラバンが全国を回ってるらしい

http://blog.manekinekoduck.jp/pc/index.html#blogparts


そして、mixi

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=24232326

マイミクがすでに、28708人 ヽ(*゚O゚)ノ


やっぱり、twitter

http://twitter.com/manekinekoduck

一日一なごみ・・だって

フォローが、すでに975人


そして、着うたダウンロードやら、壁紙ダウンロードやら

Web戦略、ぜ~んぶ♪


と、ブログを書いている間に、さっきの「まねきねこダック神社」の祈願者が

5名増えていました。



おもしろすぎる (‐^▽^‐)

いろいろ勉強になります。



アフラックに続け!とばかり

商品開発費も回して、社運をかけてキャラクター開発をした「あんしん生命」の

「あんしんセエメエ」君

https://www.seemee.jp/top.html


私は好きだったけど、どーも反応が今一歩でした。

「コワイ・・・」という子供もいたりして(笑)



ということで、

私もあやかって


「今話題のまねきねこダックが欲しい方は、FPNAOまで!」




あれ?

やっちゃった???

| | コメント (4) | トラックバック (0)

医療保険 最新事情

医療保険のリニューアルが続いています。

検証してみました。

生命保険全体の契約が減っている中、

契約を伸ばしているのが医療保険とあって、

保険会社の競争が激しい分野です。

私も、5年ほど前に加入しました。

別に健康に不安があったわけではないのですが、

誰かの世話になるだろう老後、

せめて、医療費くらいは自腹でなんとかしたいという思いからです。

医療保険とは、つまり入院保険です。

入院したら、一日○○円

手術したら、○○円

これが、ベースです。

その後、保障は一生涯、保険料は一定で値上がりしない。

入院は日帰りから保障。が主流になって、

そして、値下げ競争が始まりました。

シンプルな医療保険に、新しい付加価値をつけたのが、A生命です。

業界初の「先進医療給付金」「手術給付金の拡充」

今年に入ってからの各社一斉リニューアルでは

この2つの付加価値を、各社ともつけてきましたねー

「先進医療給付金」については、ほぼ同じ内容なので割愛して

「手術給付金の拡充」を見てみたいと思います。

ベースの「手術給付金」は、すべての手術が対象ではなく

契約のとき渡される本に載っている88種の手術だけです。

たとえば、

へんとう腺切除、骨折治療後のボルト抜き

手指の切断手術、子宮けい管ポリープ切除、などは給付金が払われません。

これらの手術について

健康保険を使った手術であれば、一部の例外を除き、お見舞金を払うというものです。

約1000種の手術が対象になります。

痛い思いをして手術したのに、もらえないなんて!という不満は少なくなるかもね。

でも、調べてみると、

各社、びみょーに内容が違ってます。

以下、比較してみるときのポイントをあげてみます。

1.入院の有無

 ほとんどが入院しないと払われませんが、入院しなくても払われるものもあり。

 これ、重要!

2.お見舞金の金額

 お金は大事だよ~♪ もらえる金額が違います。

3.保障期間

 一生涯の保障、または、5年ごとに更新(保険料アップの可能性あり)

あとは、妥当な保険料かどうかですね。

あれもこれもとつけてしまうと

保険料が高くなるし、内容も忘れてしまって不払いの原因にもなるので、

保険はシンプルイズベストの方がいいかもね~

ちなみに、この2つの特約をいち早く出したA生命

最近のリニューアルでは、

入院・手術に先進医療をつけただけのシンプルバージョンを出したんだよね。

流れに逆行した動きがおもしろいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テポドン落下でケガしたら、保険は払われるの?

保険金の不払いが問題になってから、もう2年も経ちました。


不払い処理のために、保険会社各社さん、

お金と人手をかけて、ようやく、解決のメドがたったー ´○`;ヤレヤレ


かと思ったら

この世界同時不況。・・・ 今度は、経営危機の嵐 ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

私たちFPも、2008年秋以来、保険会社の体力を測るモノサシが狂ってしまいました。

世界No.1の保険会社が、あっという間に経営危機に陥るんですからね。



さて、

北朝鮮が、いよいよ長距離弾道ミサイル(人工衛星と言ってますが)を発射するようです。

強硬策を取って、アメリカの妥協をとりつけたい北朝鮮は強行しそうです。

北朝鮮のミサイルは発射後、切り離した第一段目のロケットを秋田沖の日本海に落下させ、日本の上空を通過したあと、2段目をミッドウェー諸島の西側の太平洋に落下させる公算が強い。(NHK解説委員)


でも、秋田・岩手のはるか上空を通過するというのは、北朝鮮のあくまでも予定。

発射に失敗したら、日本の陸地に落下することもある。


というわけで、あまり考えたくないけど確認してみました。

Q.もし、ミサイルの落下物で死亡したり、ケガしたりした場合、保険金って支払われるの?

A. 「戦争その他の変乱によるときは、保険金をお支払いしません」

  これに該当するのかな? そうしたら、支払はなし?

  しかし、これには補足があって

  死んだり、ケガをした人の数が少ない場合は、一部、または全額を支払う。

  戦争状態にならない限り、払ってくれるようですね。


ちなみに、こんなケースは払ってくれるの?

Q. 酒気帯び運転で死亡・ケガした場合

A. 死亡保険金 ○  災害死亡保険金 ×  入院給付金  ×


Q. 酔っ払って歩道を歩いていて事故にあった場合

A. 死亡保険金 ○  災害死亡保険金 ○  入院給付金  ○

  でも、車道で寝ていたら、災害死亡と入院は×です。


Q. 加入して2年で自殺した場合

A. 支払はありません。現在では、3年以内の自殺は認められません。



そして、もちろん

病気を告知しないで契約した場合は、告知義務違反といって、すご~く厳しいです。

保険金の支払いなし、そして、契約も解除になってしまいます。

気をつけてくださいね 八(^□^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

守ってあげたい 9か月後

久しぶりに会った君は、

赤ちゃんを卒業して、好奇心いっぱいの男の子になっていました。

Image046

私のショボイ携帯では、残念ながらボケてます ・・・( ̄  ̄;)

お父さんのお仕事の関係でインドに行くんだね。

食料品が少ないので、定期的にパスポート持って海外に買出し!とか

メイドやベビーシッターを雇う!とか

なんか楽しそう o(^▽^)o

ちょと羨ましい ..............( _ _)σ

どんな生活だろうと、ネットで調べちゃいました。

転勤妻のインドでレッスン♪

http://ameblo.jp/indialesson-blog/archive1-200903.html

な~んて、ほんとのところ、

幼な子を連れての慣れない海外生活、大変なこといっぱいだよね。

健康に気をつけて、元気に帰国してくださいね。

そして、インド料理マスターして、教えてほしい 八(^□^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大和生命破たんに関連して

昨日、大和生命、会社更生法適用のニュースが流れました。

生命保険会社破たん ( ̄□ ̄;)!!

10年前の生保連続破たんがよみがえります。

それを恐れてか、珍しく政府の反応が早かったですねー

中川財政・金融担当相

、「高コストの保険業務を高利回りの有価証券運用で補填(ほてん)する特異な収益構造が主な原因であり、他の保険会社とは状況が異なる」

すぐに、与謝野経済財政相

「国内生保で一番規模が小さく、債務超過額も100億円超。世界の金融危機の波の中で起きた事件としてとらえるのではなく、特異な経営モデルが行き詰まったのではないか」

たしかに、大和生命は特異なケースで、日本の生保にも危機が!みたいな過剰な反応をする必要はありません。

ただ、急激な株安で、保有株式が取得時の株価を下回る含み損になった可能性があります。

3月末に大手生保が株式の含み益がなくなる株価水準を開示していますが、そのデータから見ると、国内生保5社が、10日終値(8276円)で含み益がなくなった可能性があります。

深刻な事態に陥る前に、金融危機の世界ドミノが止まりますように。。。。

不吉な話で、なんですが・・

もし、保険会社が破たんした場合のセーフティネットについて、おさらい

「保険契約者保護機構」  国内で事業を行うすべての保険会社が加盟

引受会社を見つけて、資金援助を行う。

引受先が見つからない場合、保護機構が直接引き受ける。

契約の責任準備金の90%が保護される。

責任準備金とは、払い込んだ保険料ではなく、解約返戻金相当と思ってください。

高い利率の貯蓄性保険の場合、利率の引き下げの可能性がある。

というわけで、

保険がなくなってしまうわけではないけど

受け取る保険金が減ることはありますよ。ということです。

ちなみに

9月にニュースを騒がせた、アリコジャパン、AIGエジソン生命、AIGスター生命は

破たんではなく、売却です。

この3社の財務内容は良好で、売却しても契約内容に変更はないものと思われます。

| | コメント (2) | トラックバック (2)